安全に子供を預けられる民間学童保育は普段体験できないことを学べる

サイトマップ

安全に子供を預けられる民間学童保育は普段体験できないことを学べる

共働きの家庭の救世主の民間学童保育

機械を見る

民間学童保育をご存知ですか。
学童という単語は知っていましたが、民間と公共の2つがあるのをこどもが居なければ知らない人も多いのではないかと思います。
今は共働きの人が増えて小学校に入る際に「小一の壁」という単語がある位です。
小学校低学年はまだまだ一人でお留守番は心配です。
そんな時に学童は強い味方です。

公共学童保育と民間学童保育の違いは大きく言うと3つあり、まず1つ目は料金です。
公共だと安い傾向があり、おやつ代のみの所もあります。
それに対して民間学童保育だと高い傾向があります。
2つ目に教育面です。
公共学童保育に比べて、お値段が高い分教育面やプログラムが充実している傾向にあります。
学童で習い事をしたり、宿題など学習面を補って貰えるととても助かります。
料金は高いが、教育面は充実している傾向があるようです。
3つ目は終了時間の違いです。
公共学童保育は平均して18時までの所が多い為、それより遅い時間まで預かって貰うには民間学童保育を選ぶ必要があります。

子どもが小学生になったタイミング、フルタイム勤務に戻るとなると18時だと職場が近くなければできない事です。そう考えると民間学童保育は大変ありがたいです。
子どもも1人でお留守番する事なく、習い事をしたり、お友達と遊べたり、勉強したり充実した時間を過ごしてお迎えを待てるのならとてもいい選択肢です。

小1の壁には民間学童保育のご検討を

小1の壁という言葉があるように、保育園から小学校へあがると一気に環境も保育の手厚さも変わってきます。
長期休暇の過ごし方を考えていると、長期休暇の前に給食が休みになり焦る方も多いといいます。
小学生の放課後の遊び場としては様々な選択肢がありますが、毎日忙しく働いている共働き世帯の方にお勧めなのが民間学童保育です。
民間学童保育のなかには給食や外注のご飯、仕出し弁当などを提供するオプションを設けている箇所が多くあり、給食が休みの間のお弁当を用意する必要がありません。
朝、お弁当を作るはずの時間を、夜に見てあげられなかった宿題を一緒に確認したり親子の会話を楽しむ時間にあてることができます。
あわせて、子どもの教育のためにと習い事を考えるなかで、送迎を懸念して平日の習い事を諦め、土日を習い事の日とするご家庭も多いようです。
民間学童保育ではスイミングや習字、英会話などの習い事を提携している箇所も多くあります。
平日の放課後、学童に居ながら習い事ができることで、休日には子供がしたいことを目いっぱいできたり、家族で一緒に過ごす時間を作ることができます。
民間学童保育を利用して、ぜひ小1の壁を華麗に突破してください。

民間学童保育で子供を安心して預けよう

子どもが小学生低学年のうちは早く帰ってくるので、長い時間働けないと思っている親御さん、また逆にすでにフルタイムで働いているけれど子どもが心配という親御さんはかなりいるのではないでしょうか。そんな方には民間学童保育の利用をお勧めします。民間学童保育は夜19時頃まで預けられるので、フルタイムで働く親御さんも安心して働けます。また民間学童保育は公立の学童保育で行われるようなプログラムに加え、教育の面でもしっかりサポートしてくれます。学習塾や習い事の教室を併設しているところもあり、英語や体操、中にはプログラミングやフラッシュ暗算などのプログラムを行っているところもあり、特色は様々です。またキャンプや宿泊行事などを行っているのも公立の学童保育とは異なる点で、そういった普段できない体験から、子ども達は多くのことを学ぶことができます。実際に利用してみると単に「働いている間に預ける場所」という感覚から、「子ども達に幅広く豊かな経験を与えてあげられる場所」「しっかりと学習サポートを行ってくれるところ」という認識に変わっていくことでしょう。民間の学童保育には場所ごとに特色が異なるため、ぜひ事前の見学をお勧めします。そして気に入ったところを見つけたら安心してお子さんを預けましょう。

そこで民間学童保育を探しているなら『ウィズダムアカデミー』がおススメです。この学校は兄弟や姉妹で入会すれば割引が適用されて、安く子どもたちを通わせることが出来ます。ぜひ一度ご覧ください。

  • 民間学童保育で放課後の子どもを安全に学ばせる

    遊具で遊ぶ

    民間学童保育の数は年々増え続け、働く親たちのニーズを満たしています。昔は誰でも、どのような場所であっても「民間学童保育」を名乗ることが…

    more

  • どんな教育講座があるのか調べてから民間学童保育を選ぼう

    玄関の親子

    小学校入学は親にとっても子どもにとっても大きな節目のひとつです。生活環境が一気に変わり、いよいよ義務教育が始まります。私立学校に通うか…

    more

  • 民間学童保育には公営学童保育では得られないメリットがある

    陶芸をする

    子どもの成長には細やかなケアが必要です。家庭では親が、学校では教師が子どもを見守っています。しかし子どもが活動する場はそれだけではあり…

    more

  • 民間学童保育のプログラムで子どもの成長を促そう

    工作をする

    教育は子どもの健全な成長に欠かせません。特に幼児から学童期は基本的な社会性を身につける大切な時期です。中学生、高校生と年齢が上がるにつ…

    more

TOP