安全に子供を預けられる民間学童保育は普段体験できないことを学べる

サイトマップ

安全に子供を預けられる民間学童保育は普段体験できないことを学べる

民間学童保育には公営学童保育では得られないメリットがある

陶芸をする

子どもの成長には細やかなケアが必要です。家庭では親が、学校では教師が子どもを見守っています。しかし子どもが活動する場はそれだけではありません。共働きの家庭の子どもであれば、放課後の時間を学童保育で過ごすことになります。学童保育は義務教育ではありませんが、通う子どもにとっては大切な生活の一部です。
学童保育には大きく分けて公営の施設と民営の施設があります。
公営学童保育は小学校の空き教室や、近隣の公民館などを利用して開設されています。開設時間は18時くらいまでとやや短いですが、安い金額で利用できる点が最大のメリットです。しかし公営学童保育には希望者が集中し、定員オーバーで入れないというケースも発生しています。
民間学童保育はマンションの1階や駅に隣接するビルなど、比較的交通の便の良いところに開設されています。開設時間を長く取っている施設が多く、遅いところであれば22時くらいまででも預かりを実施しています。勤務時間が不規則な保護者にとってはありがたい存在です。このような柔軟なサービスは民間学童保育ならではのもので、今後も利用者が増え続けると見込まれています。それぞれの家庭の事情に合わせて、民間学童保育の利用も考えてみましょう。

  • 民間学童保育で放課後の子どもを安全に学ばせる

    遊具で遊ぶ

    民間学童保育の数は年々増え続け、働く親たちのニーズを満たしています。昔は誰でも、どのような場所であっても「民間学童保育」を名乗ることが…

    more

  • どんな教育講座があるのか調べてから民間学童保育を選ぼう

    玄関の親子

    小学校入学は親にとっても子どもにとっても大きな節目のひとつです。生活環境が一気に変わり、いよいよ義務教育が始まります。私立学校に通うか…

    more

  • 民間学童保育には公営学童保育では得られないメリットがある

    陶芸をする

    子どもの成長には細やかなケアが必要です。家庭では親が、学校では教師が子どもを見守っています。しかし子どもが活動する場はそれだけではあり…

    more

  • 民間学童保育のプログラムで子どもの成長を促そう

    工作をする

    教育は子どもの健全な成長に欠かせません。特に幼児から学童期は基本的な社会性を身につける大切な時期です。中学生、高校生と年齢が上がるにつ…

    more

TOP